まずは、「●●専門」というコンセプト発想をして核作りをする